お盆は実家に帰りました。実家は鳥取(〃艸〃)ムフッキス釣りや渓流釣りを満喫してきましたよん( ´艸`)

カタログ値12.8km/Lの真実!所有者が暴露!!トヨタ86の実燃費検証!!

  • 2019年6月13日
  • 2019年9月15日
  • クルマ
  • 470回
  • 0件

こんにちはトリギスです。

 

これからトヨタ86を購入検討されている方が沢山いらっしゃると思います。その中でも燃費が一番気になる方がいらっしゃるかと思います。

 

実際に私も愛車86を購入する前はそうでした。

 

どの車にも言えることですが、カタログに載ってる燃費って実燃費からかけ離れていることってよくありません?

 

だからこそ所有者に実際のところを聞いてみたいと思いませんか??

 

ということで、所有者の私が実燃費をお伝えしたいと思います。

 

トヨタ86の実燃費とは??

 

ずばり!!

 

私が検証した結果、13.1km/Lであることが分かりました。

 

⇒愛車86の実燃費検証結果【動画】はこちらから。

 

その証拠を踏まえて以下お伝えしたいと思います。

 

私の所有している愛車86の情報!!

 

検証に使用した愛車86は以下の通りです。

 

  • 平成27年(2015年)モデル
  • Gグレード
  • 6AT

 

 

です。

注意点!ただし、ホイールに関しては標準装備のものではなく、社外製のアルミホールを装着しております。純正ホイール(たぶん鍛造)より若干重くなっていますので多少燃費に影響するものと思われます。実際に装着しているタイヤは以下の画像となります。

 

 

 

トヨタ86の燃費に関する情報!

 

カタログ記載の燃費は「12.8km/L」です。これはたしかJC08モードの値です。

 

⇒トヨタ86【G】の燃費について(GOOから引用)

 

因みに、このJC08モードの測定条件は、

 

トリ猫
エンジンが完全に冷えた状態からスタートします。基本的にハンドル操作は無しで、エアコンはOFFの状態にして測定します。また、走行速度はMAX約80km/h、アベレージ(平均)速度は約25km/hで走行します。この速度条件内で加減速を約20分間繰り返し、トータル走行距離を約8kmとしたときの1Lあたりの走行距離を計測する方法です。

 

実燃費からかけ離れていたため、2009年に10・15(テンフィフティーン)モードから変更された燃費測定方法です。

 

この測定方法は平均時速25km/hです。これって全く現実的ではありませんよね???

 

ですから、カタログ値を信用出来ない理由はここにあります!

 

だったら所有者の私が実際に測定検証してやろう!!って思ったんです!

 

愛車86の燃費計測方法!

 

実際に愛車に燃費計は搭載されています。モード切替によって以下二種類選択することができます。

 

  • リアルタイム表示型(アクセル開度で変化)
  • 平均表示型(累積走行距離から計算)

 

しかし、今回はこれらを使用しません

 

んじゃあどうやって測定すんねん??ってことですが。

 

 

今回はガソリン満タン法で実測したいと思います。

 

因みに実燃費の測定方法(ガソリン満タン法)は、

トリ猫
ガソリンを満タンにした状態で走行距離カウンターをリセットして0kmとし、一定距離走行後にその走行距離をガソリン満タンにした時のガソリン量で割った値を採用しました。

 

計算式としては以下の通りです。

 

走行距離(km)÷給油ガソリン量(L)=実燃費(km/L)

 

走行ルートは??

 

走行ルートは神奈川県の藤沢『善行』から三浦半島の先端『城ヶ島付近』の往復としました。

 

走行ルート詳細については以下画像の通りです。

 

 

⇒実燃費検証動画はこちら。

 

愛車86の燃費計測前の準備!

 

まずはガソリンスタンドでガソリン満タンにし、走行距離カウンターをリセットしてゼロにしました。

 

スタート地点

 

これで準備完了です。走行の時間帯は土曜の午前6時頃から走行をスタートしました。

 

高速道路や有料道路は使用せず全て一般道を利用しました。走行距離は片道約40kmです。ですから往復約80kmとなります。

 

愛車86の走行距離推移!

 

折り返し地点

 

 

ゴール地点

 

その他走行日の状況について!

 

走行時間帯からして渋滞はほぼ無い時間帯でした。

 

ですのでストップアンドゴーの状態はかなり少なかったと思います。

 

使用したガソリンスタンドはスタートとゴールどちらも同じ場所を利用しました。これはガソリンの注ぎ口の長さ等の差で、燃費の値が変化しないようにするためです。

 

走行後のガソリン給油量!

 

早速ですが、実測の結果をお伝えしましょう。

 

ガソリンを満タンにして藤沢市街から三浦半島の先端付近で折り返してまた同じ藤沢市街のガソリンスタンドまでの距離はトータル89kmでした。

 

またその時のガソリンを満タンにしたときの容量は、6.78Lでした。

 

 

愛車86の実燃費計測結果!!

 

したがって、89km÷6.78L=13.1km/L

 

という結果となりました。

 

カタログ値と比較すると+0.3km/Lの差があることが分かりました。

 

この値の差はほぼ誤差の範囲でしょうかね。結果的に実燃費よりも良い結果となりましたが、ほぼカタログ値と同じようなものだと思います。

 

ただし、トヨタ86の性能を考えると今回選択したコースは少々物足りない感じでした。えぇとつまり心地よいスピードで走れるルートではなかったということです。

 

逆に言えば、低速域(回したとしても3000rpm程度かな?)走行の比率が多くを占めていたかもしれませんので、燃費が悪化することが予想されましたがそうでもありませんでした。

 

元々トヨタ86は他のスポーツカーと比較すると比較的燃費はいい方だと思います。

 

通常であれば、10km/Lを切るものだと思いますがそれをかなり上回っています。これはかなり優秀な結果だと思います。

 

その分、スポーツカーというよりはスポーティカーといった部類でしょうか。個人的には加速時のトルクが細いように感じています。

 

スバリストの知り合いからするとボクサーエンジンは元々そういうもんだと言っていたのでそうなんでしょうか。そのスバリストはフォレスターのSTiに乗っていました。2.3Lのターボですからそりゃトルクは太いですよね。

 

まぁとにかく、トヨタ86の実燃費は13.1km/Lでありました。

 

実際に動画も撮影してみましたので、もしも気になる方はそちらもご覧頂ければ幸いです。

 

⇒トヨタ86Gの実燃費検証結果!!動画はこちらから。

 

燃費は選択したコース次第で大きくかわります。ですから、今後も別のコースを選択して何回か測定してみたいと思っています。その際は、また動画撮影したいと思います。

 

ということで今回は実燃費検証をしてみました!それではこの辺で!チャオ!

 

⇒海外タイヤのナンカン(NAKANG)を購入、装着してみた!!

 

 

NO IMAGE
CTR IMG